ボディケアには手作り「ミョウバン水」が大活躍!

こんにちは! 社会人1年目OLいずみんです!

初任給を頂いて以来、自分で働いてお給料を頂くことのありがたみや喜びをかみしめていま~す。

今まで育ててくれた両親やかわいがってくれたおばあちゃんにお土産を買って帰ってプチ恩返し?をしたり、自分でお洋服をかったり、コスメを買ったり、食べ歩きしたり・・・社会人て楽し~!

でもうれしくていろいろお買いものしていたら、ちょっとお財布がさびしくなって反省。

ここの所、真夏のような暑い日や、蒸し蒸しジメジメした日も多くなり、さっぱりしたくなったので、昔、おばあちゃんに教えてもらった「手作りミョウバン水」を作ってボディケアは節約しようと思います。

「ミョウバン水」の原液の材料はナント!スーパーで100円くらいで売っている、漬物などに使う「ミョウバン」50g、水道水1.5lだけ~

作り方は、お鍋にお水を半分入れて、沸騰したらミョウバンを入れて溶かします。

次に残りの半分のお水を入れて、冷ませば出来上がり! ペットボトルの空き容器などで保存します。

超~簡単ですが、さまざまな症状に効果を発揮するスグレモノなのですよ~!

この原液をペットボトルのキャップ5~10杯と10円硬貨20枚と一緒にお風呂に入れると、ミョウバンと10円硬貨(銅)の殺菌効果とミョウバンの収斂作用で、お肌さらさら! アトピーやあせも対策になります。

アトピーのひどかった私が子供の頃はおばあちゃんがこのお風呂をよくやってくれました。

水を張った洗面器にキャップ1~2杯入れて、洗顔するのもオススメ! ニキビ対策になりますよ

コップに少量たらしてうがいすると、のどの痛みにも効いてしまいます!こんなに万能なのにかかった経費は水道代や、光熱費を考えても200円以下でしょう(笑)

夏のボディケアはおばあちゃんの知恵をお借りして、節約モードで参りま~す!